ディセンシア「つつむローションセラムE」の成分

つつむローションセラムEの成分

敏感肌専門ブランド 「ディセンシア」の「つつむローションセラムE【保湿化粧水】」の主要保湿成分には、次の3つがあります。

 主な成分・ヒト型ナノセラミド
・アミノコンプレックス
・エモリエント成分

この成分が肌に浸透しお互いに連鎖して、肌の内側を潤いで満たします。
潤いの持続を実感する人が多く、まるで美容液のようなローションはリピーターも多いです。

次に、3つの成分の働きを紹介します。

人型ナノセラミドとは

ヒト型セラミドは人間の肌と同じ成分でできていて、保湿力や浸透力に優れていることや、刺激が少ないことが特徴です。
つつむで使われている人型ナノセラミド(セラミドナノスフィア)は、独自の技術でナノカプセル化されたもので、さらに浸透力が優れたものになっています。

潤いが不足した部分に、ナノサイズのセラミドが効果的に潤いを浸透させます。

アミノコンプレックスとは

天然保湿因子(NMF)の40%を占めるのがアミノ酸です。

その中で特に肌の保湿に重要な5つのアミノ酸(アルギニン・セリン・アラニン・グリシン・リシンHCI)を厳選し、高配合したものが「アミノコンプレックス」です。

アミノコンプレックスが、角質細胞をふっくらと潤いで満たす役割を担います。

エモリエント成分とは

エモリエント成分は、ポーラ研究所オリジナルの成分で、一度与えた潤いを閉じ込めてキープし水分の蒸発を防ぐ役割を担っています。

肌のバリア機能が低下して水分が蒸発しやすい、敏感肌や乾燥肌の人も潤いをキープすることが期待できます。

ディセンシア「つつむローションセラムE」の成分一覧

水、グリセリン、BG、ソルビトール、ジメチコン、セラミド2、グリシン、アルギニン、セリン、リシンHCl、アラニン、ポリクオタニウム-61、水添レシチン、フィトステロールズ、PEG-32、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、PEG-6、シクロペンタシロキサン、セタノール、キサンタンガム、カルボマー、ポリアクリル酸Na、水酸化K、オレイン酸ポリグリセリル-2、ステアリン酸PEG-150、ステアリン酸グリセリル、(グリセリン/オキシブチレン)コポリマーステアリル、フェノキシエタノール、メチルパラベン

●「ディセンシア つつむ」の詳しい情報は、公式ページにあります♪

ディセンシアつつむ

●「ディセンシアつつむ」を試してみたい方は、トライアルセットがあります♪
つつむ トライアルセット

ディセンシア「つつむ★トライアルセット」はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です